ご挨拶

タイトルと教室名について


次から次へと追われるように忙しい毎日、様々なストレスの連続・・・私自身もそうでした。
そんな中、お花と向き合う時間はとても貴重なものでした。
「自分自身を愛すること、自分自身を大切にすること、自分自身を労わること」が、とても大切な時代だと感じています。
嬉しい時も、悲しい時も、辛い時も、どんな時も静かに寄り添ってくれるお花。
アレンジメントをしている時は、集中して夢中になりますから、脳内ホルモン“ドーパミン”が分泌されます。
きれいなお花にときめいたり、新しいことにチャレンジすることも、脳の活性化になりますからアンチエイジングに効果がある他、幸せホルモン“セロトニン”や心を癒す“オキシトシン”などの分泌にも繋がりとても有益な習い事だと思います。

そして、大切な方に贈るお花は、愛や感謝が詰まっていますね。
「愛している」という思いをカタチにして大事な人に届ける。素敵なメッセージですね。
愛は愛へ繋がり、笑顔は笑顔に繋がり、感謝は感謝に繋がり、幸せの連鎖が繋がります。
そんなお手伝いをさせて頂きたいと思います。

そして“imacoco”今ここ
過去に捕らわれることなく、未来に不安を感じることもなく、与えられた「今ここ」に集中すること。今を生ききること。花のように、人と比較することもせずに。
これが自分らしい未来を引き寄せることに繋がると思うのです。
皆様に笑顔と幸せと感動を!提供できるよう努めていきたいと思います。

主宰者 清水眞由美